特急にちりん乗車記

皆さんこんにちは!タマスラです。

 

二本連続投稿ということで張り切って書いていきたいところです!(ちなみに謎にハイテンションで書いています。もしかしたら後で恥ずかしすぎて消す可能性がありますが、気にしないでください…)

 

今回は、私がおよそ2年前に乗車した特急にちりんという列車について紹介していきたいと思います。

 

特急にちりんは、宮崎県の宮崎空港駅大分県大分駅を結ぶ特急列車です。また、一日に一往復、特急にちりんシーガイアという列車もありますが、そちらについては宮崎空港駅と福岡県の博多駅を結ぶ列車です。ちなみに、にちりんシーガイアについては定期の特急列車の中では日本で最も長い距離を走る列車であり、なんと所要時間が5時間45分です。宮崎駅から乗車でお急ぎの方であれば、宮崎駅から鹿児島中央駅まで特急きりしまという列車に乗り、鹿児島中央駅から博多駅まで新幹線に乗る方が早いです。ゆっくり電車に揺られて旅したい方であればおすすめです。

 

余談はここまでにして…。特急にちりんについてですが、途中で宮崎県の主要都市である宮崎や日向、延岡と、大分県の主要都市である佐伯や臼杵と言った街の主要駅に停まります。日豊本線という路線を走りますが、東九州の主要駅に停まるため、特急にちりんについては東九州の方にとって重要な列車になると思います。

(下の写真は途中停車駅の臼杵駅です。好きをハートマークにした駅名看板ですが、最初見た時思わず2度見して、すぐに写真に収めました)


f:id:tabi_gahama:20210410211943j:image

用いられている車両は以下のもので、主に787系車両が使われております。

恐らく九州を鉄道で旅したことがある方であれば、よく見た車両だと思います。


f:id:tabi_gahama:20210410211801j:image

内装は以下のとおりとなっています。普通車自由席に乗りましたが、特に苦痛に感じることなく乗車できました。


f:id:tabi_gahama:20210410211818j:image

因みに、この特急にちりんについては「宗太郎越え」という有名な山越え区間を走ります。

それは宮崎県延岡市延岡駅から大分県佐伯市佐伯駅の移動の時に途中で通ります。

 

じつはこの区間、なんと1時間ノンストップで走ります。そんなにかかるの…と、最初乗ったときはぞっとしましたが、たまたまこ区間に乗ったときはゆっくり寝ていたので、あまり苦痛に感じませんでした(笑)。

 

もちろんこの間にも途中通過駅はいくつかあります。宗太郎というのは、この途中通過駅の一つである駅名です。ちなみにこの途中通過駅こそ、日本有数の秘境駅でもあります。

 

というのも、佐伯ー延岡間については日豊本線の中でも需要が特に少ない区間であるため、普通の各駅停車がなんと1日に朝と夕方の2本しか走っていないのです。そのため、一度降りたら、最悪そこで一夜を明かさなければならないこともあります。

用いられている列車については、なんと先ほど紹介した車両になります。各駅停車なのに特急車両が使われているとは、なんともシュールなものです。もし、秘境駅探訪が好きな方は、この区間を各駅停車で乗車して挑戦してみてはいかがかと思います(笑)。

 

今回はここまでにします。コロナが落ち着いたら、また東九州に行ってみたいですね。

ローカル線レビュー①豪華すぎるローカル線!若桜鉄道に乗ってきた


皆さんこんにちは!タマスラです。

 

久しぶりの投稿になりますが、今回はこの前乗車したローカル線の紹介をしていきたいと思います。

 

今回紹介するのは、鳥取県東部にある若桜鉄道です。


f:id:tabi_gahama:20210410203929j:image

若桜鉄道は八頭町にある郡家駅若桜町にある若桜駅とを結ぶ私鉄路線です。所要時間はおよそ30分ほどで、本数が1時間に1本しかないまさに典型的なローカル線ですが、付近の高校生が通学のため乗車したり車を持っていない方が移動手段として使ったりするため、沿線民からは一定の需要がある鉄道路線です。

 

この若桜鉄道ですが、まず私が乗車したときに感じたのは、本当にローカル線ですか?と聞きたくなるくらい、列車の外観と内装が立派なものでした。観光列車に乗ったのかなと勘違いし、追加料金の有無を確認したほどです(笑)。

 

郡家駅から若桜駅間を乗車し、料金は440円でした。営業距離が19.2キロなため、若干運賃は高いという印象を受けましたが、列車に乗ったときの快適さと内装の立派さを考慮に入れたら十分すぎるものでした。

なんと、各ボックス席に机があります!なので、乗車中に勉強したり、突っ伏して寝たりと言ったことも可能なのです(笑)。


f:id:tabi_gahama:20210410203944j:image


f:id:tabi_gahama:20210410203958j:image

また、若桜鉄道郡家駅から因美線に乗り入れる便があり、定期的に若桜駅から鳥取駅までの直通運転がされております。そのため、通勤や通学で鳥取市へ向かう方にとっても便利なものとなっております。

 

終点の若桜駅で降りましたが、駅舎はなかなか立派なものでした。以下のとおり。


f:id:tabi_gahama:20210410204022j:image

木造りの駅舎で、中もアンティークな雰囲気のあるものでオシャレでした。中には図書コーナーや喫茶、休憩コーナーがありました。本数が少なく待ち時間が長いことがありますが、駅舎の中が快適すぎるため、待ち時間もそんなに苦痛に感じることはないかと思います。


f:id:tabi_gahama:20210410204037j:image


f:id:tabi_gahama:20210410204047j:image


f:id:tabi_gahama:20210410204126j:image

 

この鉄道については因美線内にある郡家駅から出ていますが、郡家駅については、関西方面から来る特急スーパーはくとや岡山から来る特急スーパーいなばが全列車停まるため、乗り換えてふらっと乗ってみようかなといったことが気軽にできると思います。

 

もし、ローカル線に乗ってどっかに行ってみたいということであれば、私は断然この若桜鉄道をすすめます。皆さんもお時間がありましたら、ぜひ乗車してみてはいかがでしょうか?

ゆるっと駅紹介④ JR金沢駅

皆さんこんにちは!タマスラです。

 

今回は私の好きな駅の一つである石川県金沢市にある金沢駅について紹介していきたいと思います。


f:id:tabi_gahama:20201206081746j:image


f:id:tabi_gahama:20201206082027j:image

金沢駅は石川県の県庁所在地である金沢市の代表駅です。

2015年3月には、長野ー金沢間で北陸新幹線が開業したことで、現在、北陸新幹線の終点駅となりました。

今後は、北陸新幹線新大阪駅まで延伸され、2022年度の末には金沢ー敦賀間が開業される予定となっております。関西地方からの移動の所要時間が短縮され、今後首都圏だけでなく、関西圏とのアクセスも向上していくと期待されている駅です。

 

駅舎については私の最も好きなものの一つです。特徴的なのは、兼六園口から出たとこにあるこの鼓門です。


f:id:tabi_gahama:20201206081806j:image

金沢駅、というより金沢市の新たなシンボルです。

私自身2回金沢市を訪れたことがありますが、この鼓門を見るたびに金沢にやってきたんだなと感慨深く思います。

駅舎についてはアメリカのTravel+Leisureで世界で最もきれいな駅舎の一つに選定されました。駅舎は下の写真のとおりですが、確かにその通りでした。


f:id:tabi_gahama:20201206081828j:image

これは他の北陸地方ターミナル駅富山駅福井駅)にも当てはまりますが、駅周辺はゴミがあまり落ちておらず、着いたときに清々しい気持ちで降り立つことが出来ます。

また、北陸地方のその他の主要駅の駅舎についても人口の割に都会的な見た目をしていたり、ホームが高架化されていたりと、その街の顔としては街のイメージアップにつながるという感じがしました。(下の画像は富山駅)


f:id:tabi_gahama:20201206082015j:image

そして金沢駅で降りてから金沢市の観光をする際ですが、金沢駅周辺から街の中心部(香林坊や片町など)までは歩くには距離あります。

しかし金沢には金沢市内を蜘蛛の巣のように路線が張り巡らされている北鉄バスというものがあります。利便性でいえば、お隣の富山県富山市路面電車に負けず劣らずの高いもので、この街についてはコンパクトシティ化に成功しているのではないかと思います。

本数についても多く、まさに金沢市は観光客に優しい観光都市というのが私が受けた印象です。

 

北陸新幹線開業に合わせて、金沢駅をはじめとして北陸地方の駅は変容を遂げております。金沢をはじめとして北陸地方は今後、経済発展が期待されると思いますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

ゆるっと駅紹介③ JR舞子駅

皆さんこんにちは!タマスラです。

 

今回はゆるっと駅紹介第三弾ということで、兵庫県神戸市垂水区にあるJR舞子駅を紹介していきたいと思います。


f:id:tabi_gahama:20201205203144j:image

JR舞子駅山陽本線で東方面へ行くときの最初の神戸市の停車駅です。

また、高速バスで淡路島や四国(徳島、高松など)へ行く際に、高速バスの停留所となりますので、交通の要衝の役割も果たしています。

 

この駅の特徴は、駅の真上に橋が架かっていることです。



f:id:tabi_gahama:20201205202928j:image

橋の名前はおそらく皆さんご存じの明石海峡大橋です!

 

明石海峡大橋は神戸市垂水区と淡路島の淡路市とを結ぶ橋で、世界一長いつり橋です。明石と名がついていますが実際は明石を通っておりません。

 

舞子駅の近くには、明石海峡大橋を始め、国内にある橋を紹介する「橋の科学館」という博物館がありました。


f:id:tabi_gahama:20201205202951j:image

入ってみると、橋の科学館のシンボルキャラクターのわたるくんがお出迎えしていました。コロナの影響でマスクをつけています(笑)


f:id:tabi_gahama:20201205203003j:image

中はこの様になっており、明石海峡大橋の歴史について書かれていました。また、30分ごとにおよそ5分ほどのムービーが見られます。


f:id:tabi_gahama:20201205203012j:image


f:id:tabi_gahama:20201205203026j:image

入館料はおとな310円でした。安かったですが、満足のいく内容でした。

 

 

また、駅の外側にはプロムナードがあり、海を眺めることが出来ます。


f:id:tabi_gahama:20201205203044j:image


f:id:tabi_gahama:20201205203117j:image

この駅は新快速の停車駅である明石ー神戸間にある駅ですが、この区間は瀬戸内海が目の前にあります。個人的に好きな区間ですが、この舞子駅も目の前に海があって、ぼーっと海を眺めるには絶好のスポットでした。

 

駅周辺はそこまで人がいませんでしたので、途中下車して周りを歩いてみてはいかかがでしょうか?

ゆるっと駅紹介② JR黒田庄駅


皆さんこんにちは!タマスラです。

 

今回はゆるっと駅紹介第2弾ということで兵庫県西脇市にあるJR黒田庄駅について紹介していきたいと思います。


f:id:tabi_gahama:20201125202032j:image

JR黒田庄駅加古川線の途中停車駅です。加古川線とは、加古川市にある加古川駅から丹波市の谷川駅とを結ぶ兵庫県のローカル路線です。阪神淡路大震災JR神戸線が不通になったときは、播但線という路線と一緒に迂回ルートとして用いられたことがあります。また、ローカル線でありながらも、全線電化している路線です。

 

その加古川線のうち、途中の西脇市にある西脇市駅から谷川駅の間については谷川線という愛称で呼ばれています。加古川線加古川駅から途中の西脇市駅は1時間に1本しか電車がなく、兵庫県内でもアクセスが不便な区間の一つでありますが、この谷川線についてはそれよりも更に本数が少なく、なんと一日に9本しかないのです…。


f:id:tabi_gahama:20201125202019j:image

これは兵庫県の中で最も本数の少ない路線の区間の一つであり、2時間に1本しか来ないことになります。

 

その黒田庄駅についてはこの谷川線内にある停車駅ですが、乗降客数でいえば1日に平均30人ほどの小さな駅です。(これでも谷川線のなかでは多い方です…)

 

乗降客数だけで言えば秘境駅ともいうべきですが、この駅は旧・黒田庄町(現在は合併して西脇市となっています)の中心駅であるため、駅周辺には学校やレストランなど施設があり、まだ秘境駅というには栄えている方だと思います。

 

駅構内は以下のとおりとなっています。この谷川線の駅は西脇市駅と谷川駅とを除いてすべて無人駅です。

駅の中は駅員どころか乗客さえも一人もいませんでした。


f:id:tabi_gahama:20201125202044j:image

駅ホームは以下のとおり2面2線の相対式ホームとなっていますが、実際に路線として用いられているのは手前のホームだけです。


f:id:tabi_gahama:20201125202104j:image


f:id:tabi_gahama:20201125202112j:image

駅の看板があるのになぜ使われていないのか不思議に思いましたが、どうも加古川線(谷川線も含む)が電化に移行する2004年までは向かいのホームも利用されていたとのことです。

 

また、駅の中には自動券売機がなく、且つ無人駅のため、駅の中で切符を買うことが出来ません。そのため乗車する際は、整理券を電車の中で取って後で運賃を精算という形になります。(一応、運賃表はありましたが…)

駅の雰囲気自体は秘境駅巡りが好きな方にとっては気に入るものだと思います。お時間があればぜひ訪れて欲しい駅です。

 

今回の記事を読んでもし興味を持ったならば、本数がかなり少ないため乗り換え案内をしっかり見たうえで訪れてみるべきです。(西脇市駅での乗り換えになりますが、乗り換え時間は多少考慮したダイヤとなっています)

文化の日に文化的な観光地・善通寺に行ってみた

皆さんこんにちは!タマスラです。

 

今回は、以前の記事でも話させていただきましたが、香川県善通寺に行ったことについて書きたいと思います。

 

快速マリンライナー岡山駅から坂出駅と乗車し、そこから普通列車予讃線土讃線を経由し、善通寺市へと向かいました。(写真は善通寺の最寄り駅の善通寺駅)


f:id:tabi_gahama:20201116211806j:image

今回向かったのは、香川県善通寺市にある市名の由来となった善通寺というお寺です。

 

善通寺市は「弘法にも筆の誤り」ということわざに出てくる弘法大師空海)の生誕地です。

この善通寺というのは、唐から帰朝した弘法大師が、長安(現在の西安)の青龍寺を模して建立されたお寺です。お寺の名前の「善通」というのは、父親の名前から取ったものです。

また、善通寺真言宗善通寺派の総本山であり、四国八十八か所の一つです。私が訪れた時も、お遍路の巡礼中で読経している方々を見かけました。

 

善通寺の外観は以下の写真のとおり。


f:id:tabi_gahama:20201116211457j:image

また、中は以下のようになっています。


f:id:tabi_gahama:20201116211509j:image


f:id:tabi_gahama:20201116211645j:image


f:id:tabi_gahama:20201116211721j:image

 

お寺の中には五重塔がありましたが、外からでもすぐわかるくらい高かったです。
f:id:tabi_gahama:20201116211556j:image

 

あの弘法大師生誕の地にあるお寺ということもあって神聖なオーラを感じ、心が浄化された気分になりました。

 

また善通寺には、弘法大師の像も一緒にありました。(以下のとおり)


f:id:tabi_gahama:20201116211708j:image

さて、善通寺に来た時に気づいたのですが、善通寺は来ている方が意外に少ないという印象を受けました。来ている方の車のナンバープレートを見ると香川ナンバーが多く、県外のナンバーであれば神戸ナンバーしか見なかったと思います。

意外に認知されていない観光地なのではとその時に感じましたが、これが初詣となるとかなり多くの方が来られるとのことらしいです。

通常の参拝であれば、そこまで人が多くありませんでしたので、気軽に観光できると思います。

皆さんももし寺社仏閣巡りをする機会がありましたら、善通寺も選択の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

アクセス:JR土讃線善通寺駅から徒歩で15分。ただしバスを使うとなると本数が2時間に1本とかなり少ないので、もし徒歩が厳しいとなればタクシーを使うことを勧めます。

拝観料は無料ですが、宝物館などの建物に入るのであれば入館料500円かかります。

快速マリンライナーに乗ってみた


皆さんこんにちは!タマスラです。

 

ついこの前まで仕事が忙しく低浮上だったのですが、昨日ようやく立て込んでた仕事が終了したので、ブログの投稿が出来るようになりました。

 

基本的には週1投稿としたいところですが、本業が忙しいと低浮上気味になりますのでご勘弁を…。

 

ということで久々の投稿となるのですが、今回は快速マリンライナーに乗車したということで書いていきたいと思います。

 

去る11月3日、この時も仕事が立て込んで忙しかったのですが、せっかくの休日ですから息抜きがてらにどこかへ行こうと思い、香川県善通寺市にある善通寺へと行きました。(なお、今回はタイトルにもあるとおり、快速マリンライナーに乗ったことを書きます。善通寺に行った時のことについては、次回書きたいと思いますので、こうご期待を!)

 

まず私は、岡山駅まで移動をしました。そこから、香川県善通寺まで一番楽な行き方が、岡山駅高知駅を結ぶ特急南風に乗車することです。この列車に乗れば、乗り換える必要がないのですが、この時は移動時間に余裕があったのと高かった特急料金をケチりたかったため、在来線のみでの移動を強いました(笑)。

 

在来線を使うとなると、まず岡山駅から香川県坂出市にある坂出駅まで乗ります。そこから予讃線土讃線とを経由し、善通寺駅で降りる必要があります。

この時、先ほど紹介した快速マリンライナーを利用したわけですが、今回利用した区間は岡山ー坂出間です。本来、この列車は、岡山市高松市との移動を便利にするために走らされたものであるため、岡山ー高松間を走っています。今回は途中の坂出駅で降りたため、高松駅までは行っておりませんが、今回降りた坂出駅では乗客のおよそ3割が降りた印象がありました。

 

では降りた乗客は降りてからどこへ向かうのかというと、坂出駅で勿論降りる方もいますが、そこからは香川県第2の都市である丸亀や坂出駅の隣駅である宇多津駅まで向かう方が多かったです。

快速マリンライナーは、残念ながら丸亀を通る事がなく、もし岡山から丸亀まで乗り換えなしで行くとなると、特急しおかぜor南風に乗るか、快速マリンライナーよりも時間のかかる岡山駅から琴平駅まである普通列車に乗るという2択になります。そのため、若干遠回りにはなりますが、坂出駅まで快速マリンライナーに乗車し、坂出駅から普通列車に乗る行き方が最もコスパが良いというわけです。坂出駅に停車させるのは、坂出市かつ丸亀市や宇多津町といった近くの駅の沿線民の需要確保のためという感じがしました。

 

快速マリンライナーの車両と内装は以下のとおり。


f:id:tabi_gahama:20201114225247j:image


f:id:tabi_gahama:20201114225253j:image

 

国鉄型車両の多い岡山、香川の中に、なぜ関西の新快速車両で用いられている新型車両が…というのが最初に受けた印象です。(因みに初めて乗ったのは私が大学1年生の時です。今回乗ったのは何回目か正直覚えていませんが、何度乗ってもなぜこの車両がと思います)

 

主な途中停車駅は、妹尾or早島、茶屋町、児島、坂出です。始発や終電はもっと多くの停車駅がありますが、昼間のダイヤでしたら上記の駅の停車パターンが多いです。

 

今回乗車した快速マリンライナーですが、実は私が今まで乗った中で最も好きな区間を走ります。それは、児島ー坂出間です。児島駅岡山県サイドの終着駅、そして坂出駅香川県サイドの最初の停車駅です。つまり、この区間は、岡山県香川県を結んでいる瀬戸大橋を通過するというわけです!

そこからの景色は以下のとおり。


f:id:tabi_gahama:20201114225342j:image

 


f:id:tabi_gahama:20201114225408j:image


f:id:tabi_gahama:20201114225452j:image

 

青い海と空。そして、瀬戸内海にある離島の数々。海の上を通る列車というのは、世界広しと言えども、結構珍しいのではないのでしょうか?

この時は晴れていたため綺麗に撮ることが出来ました。もちろん、乗るのであれば、断然晴れの日に乗車することをお勧めします!

 

今回私が最も伝えたかったことはこの光景です。皆さんもお時間があれば、ぜひ快速マリンライナーに乗車して景色を満喫してみてはいかかでしょうか?

 

追記:児島ー坂出間は橋の上を通るため、風が吹くと揺れがかなりあります。この区間は風速15M以上の風が吹くと通行禁止となるため、特に台風の多い夏の時期は児島ー坂出間は運休し、児島までの運行となります。もし乗られる時期がその時期であれば、運行情報をしっかり調べたうえで乗車していただきますようお願いします。